検索
  • FC.ALBAスタッフ

『ダイゴ』という漢と監督の眼

2021年度卒業記念サッカー大会MUFGカップ大阪市準決勝VSエストレア戦、この試合に関しては、全員がMVP級の働きであったが、試合を決めたのは、DFのダイゴ。コーナーキックからドンピシャのヘディングで決勝ゴール。

その後の相手の反撃も、最後まで身体をはり、シュートを打たせない。まさに壁。スタッフ陣も、全員が絶賛。他チームの監督、コーチも絶賛。まさに、攻守に輝いた存在。


でも、ダイゴ、決して順風満帆にここまで来たわけではない。

アロンやシキのように5年生のときからトップチームに絡んでいたわけではなく、レギュラーは6年生になってから。決して身体能力に恵まれているわけでもなく、スキルもめちゃくちゃ高いわけではない。感情もあまり表にださない。おそらく、他のチームであれば、サブだったかもしれない。スタッフも心配しながらの新チームでのスタートであった。


しかしながら、時間が経つにつれ、この心配は杞憂に終わる。

ダイゴの最大の武器は、「学習能力」と「素直さ」。スタッフがアドバイスしたことを、必ず実践する。できなくても、チャレンジする。練習試合で失敗も積み重ねながら1年間積み上げるとどうなるか。


『サッカーインテリジェンス』が抜群に高まる。それもトップレベルの試合で実践できる。

なんせ、ポジショニングが非常に良い。相手やボールをよく観察し、予測して動くので、「いて欲しい」ところにいる。感情は内に秘めるタイプだが、球際で負けない。1対1で負けない。ディフェンダーとしてのプレーのプライオリティ(優先順位)もほぼ文句なし。


まさに、掘り出し物。磨けば磨くほど輝いた『漢』。アルバらしい『人財』育成。


ふと、新チーム発足のときの監督とコーチの会話を想い出す。


コーチ:「ダイゴ、身体能力的にDF厳しいんちゃいますか?2バックやし」

監 督:「ん~でもなぁ。あの子は、ほんまに一生懸命練習するんや。

     言ったことをちゃんと実践する。あんな子は使わなあかんねん」

コーチ:「・・・」


1年後の結果は、記述の通りである。

監督の眼恐るべし・・・。だてに30年間、色んな子ども達をみていない。。。


「一生懸命努力する」、「素直に受け止め、アドバイスを実践する」

難しいのは、これを「誰に言われなくても続ける」こと。

そして、なぜこれができるのか。

それは、「自己分析力」が高いから。意識しているかはわからないが、「自分の実力はまだまだ」と思っているからこそ、素直に耳を傾け、実践できるのである。

簡単なようで、プライドが邪魔して非常に難しい。まさに高い人間力。


これも立派な個性。

サッカーは、決して、技術や身体能力だけではない。これらの能力も立派な武器になる。


公式戦の翌日、練習試合で、ダイゴ5得点。小学生の成長スピード恐るべし。

きっかけ一つで一気に加速する。


さぁ、22日は決勝戦!勝って、中央大会に進みましょう!!!まずは体調管理を。。。

アルバファミリーの皆さん、応援よろしくお願い致します!




◆HP:https://www.fcalba.com/ ◆スタッフブログ:https://www.fcalba.com/blog ◆公式LINEアカウント:https://lin.ee/Fzf2MUk ------------//------------//------------//------------//------------//------------//------------ 仲間と切磋琢磨し、個性を磨きましょう セレクションもありません 他スクールとの掛け持ちOK土日コースも大歓迎 体験を希望される方は、プロフィール欄の公式LINEアカウントよりお問合せください 公式LINEアカウントよりLINEを開く→友達追加→メッセージでお問い合わせ下さい DMでも受け付け致しております お早めにお申し込み下さい #fcalba #アルバ #此花区サッカー #少年サッカー #少女サッカー #サッカー教室 #メンバー大募集 #大阪市サッカー #ジュニアサッカー #サッカー教室 #未経験大歓迎 #経験者大歓迎 #舞洲 #大阪市 #此花区 #福島区 #港区 #大正区 #西淀川区 #西区 #島屋 #春日出 #西九条 #高見 #梅香 #四貫島 #酉島 #伝法

閲覧数:194回0件のコメント

最新記事

すべて表示